【学ぶ-慶應通信】新・日本外交史Ⅱと日本政治史の代替レポートが完成しました

 第Ⅲ期科目試験の代替レポート、残り2本も

このとおり無事完成しました!

 続きます。


 まず、新・日本外交史Ⅱに着手していました。
   ツイッターでつぶやいていたとおり、同じ2,000字手書き指定の日本外交史Ⅰに比べれば
書きやすいかな、って高を括っていましたが、いざ書き出してみるとテキストのいたるところに
書き漏らしてはいけない(ような気がする?)文言が頻出したため、初稿を書き上げた時点で
いつもどおりの4,500字オーバー(´・ω・`)
 これまたいつもどおりバッサバッサと不要(と思われる?)部分を削ぎとっていきます。
 そう、盆栽の枝を切りまくる箕部幹事長のように!
   なんとか1,998字まで圧縮しました。
 ―――――ただ、懸念していたとおり、どうにも薄っぺらい内容になってしまいました。
 そしてなによりも、導入部分がボリューミーな構成になってしまい、どうにも不格好な出来に。
 今朝、あらためて見直してみたんですが、管理人の能力ではここで下手に修正すると一から
やり直しになるビジョンしか見えず―――――そのまま清書しました(苦笑)。
 なお、このとき手書きのレポート用紙に裏面があることを初めて知り、大パニックになった
のはご愛嬌!?

 一方、日本政治史の方は、2,000字ワープロ可でしたので、設問と同趣旨で、以前書いた
ことがのある文章を流用して箕部幹事長するつもりでいたんですが、出題者の意図が微妙に
違うような気がしたので、ほぼ一から書き直しました。
 そのため、使用した参考文献も以前のものとはやや異なり―――――当初想定していた
よりも大幅に時間がかかってしまいました(´・ω・`)
 1,954字―――――まあ、こちらはまずまずの仕上がりになった.....ような気がします。

 なお、本来は新・日本外交史Ⅱの清書終了時点でいったん郵送する予定でしたが、そのとき
は結構な勢いで雨が降っており、雨が小ぶりになるのを期待してその間に日本外交史を進め
ようと思っていたら暗くなっていたという.....。
 ということで、明日郵送ですね!

 それでは今回はここまで。

コメントを残す