【学ぶ-慶應通信】西洋法制史の代替レポートが完成しました

 今回の科目試験で管理人が受験するのは4科目ですが、そのうち昨日代替レポートが
届いたのが西洋法制史だけでしたので

早速完成させました!
 本科目の代替レポートは2,400字程度(ワープロ可)で、指定の課題文献2本を読み、
設問の課題を「論ぜよ」という形式になっています。
 ただし、課題文献2本と(市販)教科書のほかにも文献を複数参照せよという指示があり
まして.....。
 これまで述べてきたとおり、現在福島県立図書館は休館中ですので、自腹で文献を手配
する必要がありますが―――――。 
   まず指定の課題文献2本についてはネット上で引っ張ってこれるのでまったく問題なし!
 そして、管理人が大学院に通っていたときに履修した西洋史概説の講義で使われた書籍
が今回のレポートの導入部分に関わってくる内容で、まさに僥倖としかいえませんね(笑)。
 「学び」を続けていると、一見違う分野の学問でもこういうことがままあるので管理人は購入
した書籍の処分は極力しないことにしています。
 まあそのせいで部屋の中がとっ散らかるという弊害もあり、大きめの地震が来たときには
酷い目にあったりもしますが(苦笑)。

 なにはともあれ1科目分が完成です。
 ―――――率直に言えば、設問の課題、52年以上生きてきて初めて見聞きした文言で、
これについて何を論じろというねん!と正直思いましたが、管理人のレポートのスタイルで
すと、課題の文言の定義づけ、それが導入された経緯等を記していけば2,400字程度なら
わりと楽に埋まります(苦笑)。
 まあ、ここから出題者の意図に沿って論じることができたかは別問題ですけど(^_^;)

 それでは今回はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA