【学ぶ-慶應通信】放送英語(ライティング)の評価が出ました

 まだかまだかと待ちわびていた放送英語(ライティング)の評価が発表されました!

 苦手な英語での評価は本当に嬉しいです!!
 まあ2回の科目試験はいずれも代替レポート提出ということで、ある程度の時間が確保
できれば単位取得自体はいけるだろうと考えてはいたんですが.....。
 せっかくの機会ですので(?)オリジナリティあふれる回答をしようと心がけた結果、1単位
に見合わない労力を要してしまった点については自分でも馬鹿だなと思わないでも(苦笑)。
 なお、詳細は省きますが、課題はオリンピック開催関連、第Ⅲ回科目試験の代替レポは
原発事故関連、第Ⅳ回はオミクロン株関連について、それぞれはじめに日本語で原稿化し、
それを英文化しました。
 このやり方だと第Ⅳ回が対面試験になっていたら英文化した内容を覚えきれない可能性
が大でしたが、幸い代替レポとなったので結果オーライとなったわけです(^_^;)

 まあなんにせよこれで苦手な英語については卒業要件を満たすことができました。
 で、残りは専門科目8単位と卒業論文8単位ですが.....専門科目については現在添削中の
国際法Ⅰ・Ⅱで6単位ですので、さらに2単位を加える必要があります。
 当初の予定では、アメリカ政治史(4単位)をじっくりとやるつもりでしたが、昨今の国際情勢
をふまえてロシアの政治(2単位)への興味も湧いてきて.....。
 管理人の修学スタンスでは卒業を急いではいないので、ここはあえて両方とも行ってみようか
と考えております。
 そもそも卒論のテーマについて現時点で未定、厳密に言うと入学時に想定していたテーマの
他に書いてみたいテーマが2つできてしまい、3つの中からどれを選択しようか迷っている状況
だったりします。
 というわけで、まずはロシアの政治のテキストの末尾に記載されていた参考文献を読んでみて
から今後の方針を定めていきたいですね。

 それでは今回はここまで。

【学ぶ-慶應通信】不合格だった国際法Ⅱのレポートをwebで再提出しました

 前回記事に引き続き、懸案だった国際法Ⅱのレポートを

webにて再提出しました。
 SNS等では癒やしと称されている当科目ですが、管理人にとっては科目試験の代替
レポートの評価もBどまりでしたし、通常レポートの不合格の文字を見るたびに苦々しく
思っておりました(苦笑)。
 まあさすがに提出期限が迫ってきたこともあってようやく重い腰を上げたわけですが、
講評で指摘された問題点が実は国際法Ⅰよりも多く、本文の構成を大幅に変更する
必要があり、当初想定していたよりもはるかに手間がかかることが予想できたため、先
送りしていました。
 文量も初回の2400字+2,200字から大幅に増加した3,800字強+4,200字強とまさかの
8,000字超え(笑)。
 ここまで加筆すると、ま~た誤解釈をしていて不合格をもらうリスクが高くなりますが、
まあそのときはそのとき考えます(´・ω・`)

 なお、前回記事の国際法Ⅰの郵送後に気がついたんですが、あちらは2020年課題です
ので、今回また不合格だと有効年度の課題で一からやり直しになるんですね.....。
 そのときは撤退、かな―――――科目試験A評価がもったいない気もしますが(´・ω・`)

 というわけで今回はここまで。