【学ぶ-慶應通信】メディア授業の抽選結果が発表されました(2020年度版)

 先日のことですが―――――。
      昨年の夏期スクーリング以来、慶應通信関連の学びに
     ついて何もしていないよね?
 ついに妻にツッコまれました(苦笑)。
 一応、言い訳をすると昨年10月に入院して以降、自律神経の乱れからか妙に
倦怠感がつきまとい、当面の目標として体調を整えることを重点においていました。
 まあ、こんな殊勝なことを思っていたのは退院後の最初のうちだけで、普通に飲み
食いしながら艦これのイベントは楽しんでいたわけで.....。
 もっとも年が明けてさすがにこのままではマズいと思い、まずは必修の憲法(J)の
レポート作成の構想を練りつつ、さらに今月に入ってからはメディア授業の申込みを
済ませておりました。
 そして今朝―――――ツイッターを見ると、メディア授業&放送授業の抽選結果が
あったことを知り!
      ※ すっかり失念していました(笑)。ご学友の皆様ありがとうございます!
 kccを確認してみたら

ご覧のとおり無事抽選通過しておりました!
 生来のサボりぐせを考慮すると3科目受講はキツいかな?と思わなくもないですが、
まあこのくらい負荷をかけないと今後もダラケてしまう未来しか見えないので(笑)。
 受講料も安くはありませんし、ここは気合を入れてがんばる所存!
 ―――――と、これに先立ち、憲法(J)のレポートをまずは仕上げませんと。
 管理人にとって、今回のテーマは当初構想していたよりもはるかに書きにくいもので、
この記事を書いている時点で、例題①~⑤の④まで書き終えたのに文字数はいまだ
2,400字程度.....。
 このままだとなんか薄っぺらい仕上がりになりそうな予感がプンプンします(苦笑)。
 できればもう1科目は提出したかったんですけどね.....。

 というわけで、今回はここまで。

刑法判例百選1 総論(第7版) (別冊ジュリスト 220)

新品価格
¥2,420から
(2020/2/18 08:24時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA