【学ぶ】入学祝い・・・?

  一昨日観劇のために仙台に行った際に、開演までの間に買い物をしていた
ことを記しましたが、その主たる目的は

妻に入学祝いとなるモンブランのボールペンを買ってもらうことでした。

 続きます。

モンブラン ボールペン替え芯 2本入り MONTBLANC ボールペン 替え芯 レフィル(リフィル) 消耗品 化粧箱入り 黒 赤 青 ブラック レッド ブルー F/M/Bサイズ

価格:1,860円
(2018/11/12 12:27時点)


 モンブランは言わずとしれた世界的な筆記用具メーカーで、同社の
万年筆である マイスターシュテュック145を、管理人は仕事に就いて
いたときに購入しました。
 管理人は図体がデカイくせに手が小さいので、この商品の本体の太さ
がちょうどいい感じでした。
     ※ フラッグシップモデルの149や146もお店で触れさせていただきましたが
          長さ・太さともにちょっと持て余し気味でした。
 当時すでに職場での書類作成はワープロを使用することが主流と
なってはいましたが、文書作成者は記名ではなく署名をすることに
なっていたため、大半の職員は備品のデスクペンを用いていました。
 しかし見栄っ張りな管理人は、わざわざ自腹で万年筆を購入して、
万年筆で署名することで一人悦に入っていました。
 画数の多い管理人の名前を万年筆で署名すると、ひと仕事をし
終えた気になれるんですよね!
 それがなんか偉そうに見えて.....自己満足の極み(笑)。
 まあ今風に言えば万年筆で署名することで作業をルーティン化して
仕事のメリハリをつける目的が無意識のうちにあったかもしれません
が.....?

 しかし、仕事を辞めてしまうと万年筆よりもむしろボールペンの方が
使用頻度が増えます。
   今までが特殊な使い方をしていたので当然ですが、日常使いだと
インクが滲みがちな万年筆はこれまで以上に用途が限られます。
 よって、すでに持っている万年筆とお揃いのボールペンがほしいなと
思っていましたが、専業主夫の管理人にモンブランのボールペン
が本当に要るかという点がどうしても引っかかります(苦笑)。
 百均のものでいいだろう、と。
 ですが、今回慶應大学通信教育課程に合格したことで、手書きの
機会が飛躍的に増えることが容易に予想できます。
 そして、手書き用のレポート用紙の場合、万年筆だとインクが滲み
そうだなー(棒)ということで、妻にボールペンを買っていいかお伺い
をたててみたところ、なんと入学祝いに買っていただけるとのこと!

 というわけでーーーーー。



買ってもらったのがこちら、 マイスターシュテュック164です。
 万年筆とお揃いのゴールドですね。
 先述のとおり、あまり太いペンだと使い勝手が良くないと感じてしまう
のでこれがちょうどいい感じです。
 なんせ今後のレポート作成のための使用ですので、取り回しの良さと
作業の達成感(笑)を両立しませんと!
 めっちゃテンションが上がってきましたよ!!!
 なにはともあれ、妻に感謝感謝m(_ _)m

 ところで―――――。
   
 なんか同時に妻もこのボールペンを買っておりまして.....。
 星の王子さまVer.ということでお値段は管理人のものの約2倍!
 いやあ、これは一本取られたね(笑)。

 というわけで今回はここまで。

モンブラン カートリッジインク 2個セット 1箱8本入り MONTBLANC 万年筆インク 全5色

価格:1,210円
(2018/11/12 12:28時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください